青さかなとお酢で健康増進

食事で得る健康

毎日健康な暮らしをするためには、なんといっても食事が大切です。食事により、私たちの体が作られているのです。そのことを思うと、とても大事にしたいですね。そんな時、特にいいのがお酢です。お酢は、どんな料理でも使うことができます。それは、お酢の酸っぱさが好きという人は後からかけることでお酢の栄養を取ることができるのです。お酢が好きという人は、たまに自分のお酢を持ち歩いていることがありますね。そのお酢を、いろいろな料理にさっとかけることが出来るのでとても便利です。そんな風に、身近な調味料として使う人が増えています。また中華料理店に行くと、お酢をテーブルの上においているところが増えてきました。ソースや塩と同じような感覚で、味を楽しんで欲しいということなのです。そしてそれを楽しむことが出来るので、とてもいいですね。

お酢は健康調味料

そしてお酢の良いところは、やはり健康になれるということです。お酢は、代謝を促進させることができるので、ダイエットとしてぜひ使いたい調味料なのです。そのことについて、もっと情報を広げるべきですね。醸造酢や米酢などの生酢だと扱いづらいですが、味付け不要の合わせ酢だと調理が簡単に可能になります。合わせ酢を使って調理も簡単味も安心で、健康をかなえることができるのって凄いことですよね。
今回は、青魚を使った健康に良いお酢料理をご紹介します。

・青魚を使う
青魚は、体に良いと言われていますね。血液をキレイにする成分が含まれているので、魚の中でも特に取りたい種類です。それは、焼き魚にすることが多いですがここではお酢と一緒に食べることが出来る、酢の物がいいですね。魚介がおいしい三杯酢が通販にあるみたいで、それを使うことでよりいっそうおいしい酢の物が出来上がります。また青魚特有の臭みはお酢を使うことで抑えることができます。

・きゅうりとあえる
かつおの焼いたものと、きゅうりとを酢の物として作ります。かつおは血液をキレイにすることができるし、きゅうりは体に溜まっている水分を排出する働きがあります。
さっぱりとした味で、おかずとしても食べることができるしお酒のおつまみとしても食べることができます。胃もたれをすることもないので、まずこの酢の物で元気になりましょう。